ファイルに指定された数の改行文字を書き込む

サンプルソース

Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFile = objFso.OpenTextFile("c:\b.txt", 2, True)

If Err.Number > 0 Then
    WScript.Echo "Open Error"
Else
    objFile.WriteBlankLines 10
End If

objFile.Close
Set objFile = Nothing
Set objFso = Nothing

解説

Scripting.FileSystemObjectはファイル操作をするオブジェクトです。
WriteBlankLinesで指定された数の改行文字を書き込みます。


ファイル操作





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.