アプリケーションを実行するには

WSHでアプリケーションを実行するには、WshShell オブジェクトExec メソッドを使用します。

サンプルソース

アプリケーション(.EXE)やバッチファイル(.BAT)をWSHから実行します。

Exec メソッドを行い、アプリケーションが実行されると次のステップに進むため、
アプリケーションの終了を待つ場合はStatus プロパティをループして判定します。

アプリケーションからの標準出力はStdOut プロパティで、エラー出力はStdErr プロパティで取得できます。

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

Set objExec = WshShell.Exec("calc")

' アプリケーション終了までループする
Do While objExec.Status = 0
    ' 100ミリ秒ウェイトする
    WScript.Sleep 100
Loop

' アプリケーションからの標準出力を表示する
Wscript.Echo objExec.StdOut.ReadAll

' アプリケーションからのエラー出力を表示する
Wscript.Echo objExec.StdErr.ReadAll

Set objExec = Nothing
Set WshShell = Nothing

Exec メソッドでコマンドラインのコマンドも実行できます。
WSHにはないソート処理(SORT)、ファイル比較(FC)、ファイルコピー(XCOPY)など便利な機能を利用できます。




WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.