環境変数を取得するには

WSHでWindowsの環境変数を取得するには、Environment プロパティを使用します。

Environmentプロパティで返す、WshEnvironment オブジェクト (環境変数のコレクション)に
環境変数を指定します。

環境変数を表示する

Environment プロパティには対象となる OS に応じて、環境変数の種類を設定します。

OS が Windows NT/2000 以上の場合は"SYSTEM"を、
Windows 95/98/Me の場合は"PROCEESS"を設定します。

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set WshSysEnv = WshShell.Environment("SYSTEM")

' CPU数
WScript.Echo WshSysEnv("NUMBER_OF_PROCESSORS")

' システムディレクトリ
WScript.Echo WshSysEnv("SYSTEMROOT")


コマンドラインで確認できる環境変数の一覧

環境変数は、コマンドライン上で SET と入力すると、全ての環境変数を表示できます。

C:\Users\admin> SET
ALLUSERSPROFILE=C:\ProgramData
APPDATA=C:\Users\admin\AppData\Roaming
CommonProgramFiles=C:\Program Files\Common Files
COMPUTERNAME=admin-PC
ComSpec=C:\Windows\system32\cmd.exe
FP_NO_HOST_CHECK=NO
HOMEDRIVE=C:
HOMEPATH=\Users\admin
・・・・・・・・・・




WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.