エラーコードを返す

サンプルソース

WScript.Quit(0)

解説

WScript.Quitのカッコ内の数字をエラーコードとして返し、実行を中断します。
WScript.Quit以降の処理は実行されません。

エラーコードを省略すると、エラーコードは0を返します。


基本操作





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.