XMLの子ノード情報を列挙する

サンプルソース

Set objXML = WScript.CreateObject("MSXML2.DOMDocument")
objXML.load("sample.xml")

For Each objNode In objXML.childNodes
    For Each objItem In objNode.childNodes
        objItem.nodeName & "=" & objItem.firstChild.nodeValue
    Next
Next

sample.xml
<?xml version="1.0" encoding="shift-jis" ?>
<data>
    <name>伊藤</name>
    <address>東京都</address>
</data>

解説

MSXML2.DOMDocument は XML操作を行うオブジェクトです。

childNodes で 子ノードのコレクションを取得します。

nodeName でノード名、nodeValue でノードの値を取得します。
XMLはノードの値は該当のノードの下に位置するため、firstChildnodeValue で値を取得します。


XML操作





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.