イベントログに書き込む

サンプルソース

Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.LogEvent 0, "「成功」のメッセージ"
WshShell.LogEvent 1, "「エラー」のメッセージ"
WshShell.LogEvent 2, "「警告」のメッセージ"
WshShell.LogEvent 4, "「情報」のメッセージ"
WshShell.LogEvent 8, "「成功の監査」のメッセージ"
WshShell.LogEvent 16, "「失敗の監査」のメッセージ"

解説

WLogEventでイベントログに書き込みます。

「成功」「エラー」「警告」「情報」「成功の監査」「失敗の監査」などの種類を指定できます。


その他操作





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.