データを取得する

サンプルソース

Set objConn = CreateObject("ADO.Connection")
objConn.ConnectionString = "DSN=DSN名;UID=ユーザ;PWD=パスワード;"
objConn.Open

Set objRS = CreateObject("ADO.Recordset")
objRS.Open "select * from Table", objConn

Do Until objRS.EOF
    WScript.Echo objRS(0).Value & "<br>"
    objRS.MoveNext
Loop

objRS.Close
Set objRS = Nothing

objConn.Close
Set objConn = Nothing

解説

Connection オブジェクトのConnectionStringにデータベース接続情報を設定します。
Connection オブジェクトのOpenでデータベースに接続します。

Recordset オブジェクトのOpenにSQL文をセットし、結果を取得します。
Recordset オブジェクトのMoveNextでレコードを次に進めます。
Recordset オブジェクトのEOFはレコードの最終かどうかを判定します。
例では、レコードの最終まで処理を繰り返しています。

Recordset オブジェクトのCloseで取得結果を閉じます。
Connection オブジェクトのCloseでデータベースの接続を閉じます。


関連する内容





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.