文字を比較する

サンプルソース

WScript.Echo StrComp("A","a")
' 結果は-1
WScript.Echo StrComp("A","a",1)
' 結果は0
WScript.Echo StrComp("A","a",0)
' 結果は-1

WScript.Echo StrComp("1","a")
' 結果は-1
WScript.Echo StrComp("1","2")
' 結果は-1
WScript.Echo StrComp("2","1")
' 結果は1
WScript.Echo StrComp("A","A")
' 結果は0

解説

StrComp()は指定した文字を比較します。

StrComp(A,B)の場合、A<Bなら-1、A>Bなら1、A=Bなら0を返します。

第1引数、第2引数は比較する文字列、第3引数は比較モードを指定します。
第3引数は0:バイナリモード、1:テキストモードで比較するモードです。
また省略可能で、省略した場合はバイナリモードで比較を行います。


文字操作





WSH講座


Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.