【WSHリファレンス】 WshShell オブジェクト

プロパティ

CurrentDirectory
    現在アクティブになっているディレクトリを取得または変更します。
Environment
    WshEnvironment オブジェクト (環境変数のコレクション) を返します。
SpecialFolders
    SpecialFolders オブジェクト (特定フォルダのコレクション) を返します。

メソッド

AppActivate
    アプリケーション ウィンドウをアクティブにします。
CreateShortcut
    ショートカットまたは URL ショートカットへのオブジェクト参照を作成します。
Exec
    コマンドシェルでアプリケーションを実行します。
ExpandEnvironmentStrings
    環境変数を展開した値を返します。
LogEvent
    イベント エントリをログ ファイルに追加します。
Popup
    ポップアップ メッセージ ボックスにテキストを表示します。
RegDelete
    レジストリから指定されたキーまたは値を削除します。
RegRead
    レジストリ内のキー名または値名の値を返します。
RegWrite
    新しいキーの作成、新しい値名の既存キーへの追加 (および値の設定)、既存の値名の値変更などを行います。
Run
    新しいプロセス内でプログラムを実行します。
SendKeys
    キーボードから入力したときのように、1 つ以上のキー ストロークをアクティブなウィンドウに送ります。


WSH講座


スポンサードリンク

WSHリファレンス

組み込みオブジェクト




ファイル操作オブジェクト

Copyright (C) WSH@Workshop All rights reserved.